レーシック比較.comで医院比較!>レーシック手術後、ハロが出たら?

レーシック手術後、ハロが出たら?

レーシック手術で引き起こされる現象は、角膜の削った部分の端に光が当たったことで起こる乱反射だとされています。
特に夜間には瞳孔が開き、乱反射の光が入りやすくなるのです。
グレア現象は全体的に眩しく感じるものですが、現象は光の周りに光の輪が出来るという違いがあります。
レーシック手術は角膜削って屈折率を矯正するという目的ですから、現象が起こる可能性は排除できませんし、根本的な治療法もありません。
しかし、数か月から1年程度すれば削った自然治癒で削った部分と削っていない部分の境目が滑らかになり、乱反射が止むので、その間は光を抑えるサングラスで対策をしてください。

レーシック医院を検索