レーシック比較.comで医院比較!>レーシック手術後、どれくらいで視力が下がりますか?

レーシック手術後、どれくらいで視力が下がりますか?

レーシック手術による視力低下は視力が安定する課程で起こる場合と、レーザーで削った角膜が再生して引き起こされる場合の2種類があります。視力が安定する課程で起こる場合は、約1週間程度で視力低下が起こります。対して角膜が再生する場合は、数年経過後に視力低下が起こる、ということが多いようです。その場合には再手術をしてまた屈折率を矯正することになりますが、施術をした眼科では視力低下した場合に備えて保障期間を設けています。
もし保障期間中に視力低下をした場合には返金または再手術を無料とするものです。保障期間は1年程度から10年越えまで様々あるので、眼科を選ぶ際には長期保障を用意しているかどうかを確認しておくことをお勧めします。

レーシック医院を検索