レーシック比較.comで医院比較!>レーシック手術前にすること

レーシック手術前にすること

レーシック手術は、手術を受ける前に必ず検査が必要になります。というのも、近視や遠視の具合、そして角膜の状態は人によってそれぞれで、近視や遠視の程度、角膜の形状、その他身体状況によっては手術を受けることができない場合もありえるからです。ここでは、レーシック手術の検査を中心に、手術の事前準備について紹介したいと思います。

医院選び

まず最初に行わなければならないのが医院を選ぶことです。ネット、資料、本などでご自分が希望する医院を選びましょう。
ただし、この段階ではまだ最終決定ではなく、あくまでも候補として考えましょう。最終決定は検査をし、説明をよく受け、ちゃんと理解をしたあとのことです。
レーシック眼科・クリニックの選び方などを参考に、自分に最もあう医院をしっかりと選びましょう
医院選び

問診票記入

検査のために医院を来訪すると、最初に問診票への記入が必要になります。名前、連絡先など一般的な
事項のほか、自覚症状、メガネ・コンタクトレンズの使用歴、既往症、服用薬の有無などを記入します。
問診表記入
手術前(適性)検査

近視や遠視の具合、そして角膜の状態は人によってそれぞれです。満足のいく結果を得るためには、
自分がどのような見え方を望むのかをよく検討した上で、治療方針を決めておく必要があります。
そのためには、事前のしっかりとした検査が不可欠です。検査の結果を参考に信頼のおける医師と相談して、
手術の内容について十分に納得した上で治療を受けましょう。
検査内容

レーシックの手術前の検査はその項目が非常に多く、視力、屈折力、角膜の形状、角膜厚、眼圧、角膜内皮細胞数、コントラスト感度、涙の量などについて複数項目を最新機器を使用し、適性などについて検査・測定します。主な検査内容は以下のとおりです。
眼圧測定検査
眼圧が正常かどうか、眼に空気の圧力をかけて角膜と水晶体の間にある房水の圧力をしらべます。
この数値が高いと緑内障かもしれません。緑内障の場合、手術を受けることはできません。
眼底検査
点眼薬で瞳孔を広て、目の奥の眼底を検査します。この検査により、近視などの屈折異常以外にも、
網膜や網膜周辺部などの病気がないかを調べるのです。近視の強い人は網膜が変性している場合が
あるので、手術後も定期的に検査を受ける事をおすすめします。
角膜内皮細胞撮影
角膜は5層からなっており、そのもっとも内側の層にある細胞が角膜内皮細胞です。
この細胞は角膜の透明性を保つ働きのある重要な細胞です。コンタクトレンズの使用により、
この細胞の働きが弱くなっていることがあります。この細胞は一定数必要なため、数・形などを調べます。
涙液検査 (ドライアイ)
涙の量に異常がないかどうかを調べます。
重症のドライアイの場合、手術の適応にならないことがあります。
細隙灯顕微鏡検査
細隙灯(さいげきとう)とは強い光源の付いた器械のことで、この細隙灯をつけた顕微鏡によって目を
拡大し、強い光をあてて、角膜、結膜、水晶体などの状態を調べ、これらに異常がないか診察します。
瞳孔径の測定
瞳孔は虹彩に囲まれた黒目の部分で、明るいところでは、小さくなり、暗いところでは大きくなります。
その暗いときの瞳孔経を測定します。
瞳孔は一般に年齢とともに小さくなりますが、
瞳孔経が大きすぎるときは、夜間にグレアという症状が続きやすいので、注意が必要です。


手術前(適性)検査

近視や遠視の具合、そして角膜の状態は人によってそれぞれです。満足のいく結果を得るためには、
自分がどのような見え方を望むのかをよく検討した上で、治療方針を決めておく必要があります。
そのためには、事前のしっかりとした検査が不可欠です。検査の結果を参考に信頼のおける医師と相談して、
手術の内容について十分に納得した上で治療を受けましょう。


レーシック医院を検索