レーシック比較.comで医院比較!>レーシック手術はパイロットでも受けられる?

レーシック手術はパイロットでも受けられる?

旅客機などの事業用航空機のパイロットとして飛行機を飛ばすためには、第1種航空身体検査という適性検査を合格しなければなりません。その検査では、大空を注意深く見るために視力が重要な要素となっています。
では、パイロットがレーシックを受けることが出来るか、ということについては、この検査でレーシックによる視力矯正が認められるかがポイントです。
航空会社によっては、気圧の変化に手術で癒着させたフラップが開いてしまうためにレーシックをはじめとした視力矯正手術を認めない、としています。また航空会社以外で勤務するパイロット、例えば自衛隊のパイロットも同様にレーシックをすることが出来ません。

レーシック医院を検索