レーシック比較.comで医院比較!>レーシック保険について

レーシック手術前にすること

レーシック手術が終わればそれで全て終了というわけではありません。
手術後にもまだまだ注意しなければいけないこともありますし、場合によっては再手術というケースもあります。

そこで、ここではレーシック手術のその後について見ていきたいと思います。

手術後に気をつけるべきこと

レーシック手術は医療行為中、「自由診療」というものに分類されます。
「自由診療」とは、病気ではないけれども「こうなりたい」というものに
対しての診療行為で、ほかに美容整形や、歯科矯正、
また、ガンの自由診療(治療)などが自由診療に含まれます。
自由診療の最大の特徴はクリニックが独自の費用を設定することが
できるということで、公的健康保険(健康保険証)を使わないで治療を受け、すべての治療費を自己負担しなければいけません。

決して安くはないレーシック手術。健康保険の適用がないのでは、
二の足を踏む人が多いのもうなずける気がします。
しかし、健康保険がきかないからといって、必ず全額を自己負担しなければいけないというわけではありません。

医院選び

レーシックと医療控除について

レーシック手術は、医療費控除の対象になります。
1月から12月までの間に、本人または生活を共にしている家族が支払った医療費が、合計で10万円を越える方は、確定申告をすれば
税金の還付が受ける可能性があるのです。
ただその際に注意していただきたいのが、10万円を超えた医療費の全額が戻るということではなく、所得税率などの計算によって、最終的な還付金額が決まるということです。

確定申告では、1月から12月までの間に支払った医療費を通常翌年の2月16日から3月15日までに申告します。申告する際の必要書類として、
治療費や手術費の領収書の提出が必要になりますので、大切に保管しておくようにしましょう。ほとんどのクリニックでは領収書の再発行は行なっていないようで、行なえる場合でも有料になります。

医院選び

レーシックと生命保険について

もしレーシック手術を受けようと思っている、または受けられた方が保険に入っているようでしたら、契約内容をしっかり確認してみましょう。
現在多くの生命保険会社でレーシックは手術給付金の対象になっています。契約内容および生命保険会社によって対象となっているか
否かは違うので、詳しいことは、現在加入している保険会社へ問い合わせる必要があります。

ただし、レーシック手術を受ける事を前提として、手術給付金をもらう為に保険会社にはいる事を業界では「悪意の利用」と呼びこれを排除しようとしているそうです。
保険契約の約款には、「意図を持った契約は、契約解除が可能」という規定が入っているところが多く、保険加入してから2年以内の手術は
給付金の対象にならないなど、審査が厳しくなっているところもあります。契約できたとしても、保険金支払い請求の段階で拒絶される可能性は
大きいでしょう。あくまでも現在加入している保険が対象かどうか。それを調べてみるかちがあるというだけですので、その点はくれぐれも履き違えませんよう。

医院選び
レーシック医院を検索