レーシック比較.comで医院比較!>レーシック種類ランキング比較

レーシック種類徹底比較ランキング

  • 第1位 レーシック
    角膜が薄い方:治療不可の場合あり
    強度近視の方:治療不可の場合あり
    乱視の方:×
    不正乱視の方:×
    激しい運動をされる方:×
    日本で最も多く行われている視力回復手術です。そのため視力回復手術=レーシックのみ、という誤解を与えている部分もあります。効果が高い割に、角膜の薄い人には向いておらず、視力を回復したい全ての人が受けられるわけではありません。また、手術は簡単ですが、一度切開した角膜は元には戻せません
  • レーシック
治療可能…○、治療不可…×
  • 第2位 イントラレーシック人気急上昇中
    角膜が薄い方:○
    強度近視の方:○
    乱視の方:○
    不正乱視の方:○
    激しい運動をされる方:×
    レーシックがエキシマ・レーザーを使用するのに対し、INTRALASE(イントラレース)社のフェムドセカンドレーザーを使用するためこの名前で呼ばれます。コンピュータを使って行われる手術法のため、精度が高く、安全な近視手術が可能です。強度近視などにも対応できるため現在人気急上昇中で、今後主流となると予想されています。
  • イントラレーシック
治療可能…○、治療不可…×
  • 第3位 エピレーシック
    角膜が薄い方:○
    強度近視の方:○
    乱視の方:×
    不正乱視の方:×
    激しい運動をされる方:○
    レーシックよりも細かい技術を要する手術で、角膜の薄い人でも手術を受けることができるというメリットがあります。しかしその一方で、人によっては痛みを伴う点、また視力が回復するまでに数日から1週間程度かかる人もいるようです。
  • エピレーシック
治療可能…○、治療不可…×
  • 第4位 ラゼック
    角膜が薄い方:○
    強度近視の方:○
    乱視の方:×
    不正乱視の方:×
    激しい運動をされる方:○
    エピレーシック同様、角膜が薄い人でも手術を受けることができるのが特徴です。また、他の手術が角膜を切開するのに対し、ラゼックは角膜の上皮をアルコールに浸して柔らかくしてから手術を行います。
  • ラゼック
治療可能…○、治療不可…×
  • 第5位 ウェーブフロントレーシック
    角膜が薄い方:×
    強度近視の方:×
    乱視の方:○
    不正乱視の方:○
    激しい運動をされる方:×
    個人差のある角膜のゆがみを調査し、その上でその人に合わせて手術を行う視力回復手術です。
    乱視にも対応可能で、他のレーシック手術を組み合わせることも可能。
    ただ非常に細かなデータ解析作業を伴うため、他の視力回復手術に比べて費用の面では割高に
    なっています。
  • ウェーブフロントレーシック
治療可能…○、治療不可…×


※上記ランキングの調査基準 (詳細はこちら)

○調査目的
当サイト利用者が、より利便性の高い形でレーシックの種類を選択できるようにサイト内で取得した明確なデータに基づき、レーシックの種類をランキング化しております。算出ロジックはこちら
○調査期間:2010/10/15~2010/11/15
○有効データ数:n=61

レーシック医院を検索