レーシック比較.comで医院比較!>ラゼック

ラゼック

ラゼックは、エピレーシックと同様フラップを非常に薄く作ることによって、角膜が薄い人や強度の近視の人がレーシック手術をできるように考案された方法です。エピレーシックではエピケラトームを使用してフラップを
作成しますが、ラゼックではアルコールを角膜につけ、保護層をやわらかくしフラップを作ります。その後の処置はエピレーシックと同様で、エキシマレーザーで角膜を整え、フラップを元に戻します。
ラゼックのフラップは非常に薄いので、保護用のコンタクトレンズを3~4日間装用します。

ラゼックの手順

ラゼックの特徴

ラゼックの場合、角膜にフラップを作らず、また角膜上質で治療を施します。角膜上質はおよそ2週間ほどで生まれ変わり続けるため、PRK同様フラップが最終的に消失します。
そのためフラップがずれるなどの心配がありません。
ラゼックのメリット、デメリット

ラゼックのメリット
・強度近視や、角膜が薄い場合でも適応可能。
・サーフェス系なのでフラップがずれる不安がない。
・角膜形状の個人差に対応できる。
ラゼックのデメリット
・視力回復の実感及び安定までに時間がかかる。
・術後の疼痛。(PRKよりは軽い)
・術後管理がレーシックより煩雑。
・不正フラップの発生率が高い。
・アルコールの角膜への影響が懸念される。
レーシック医院を検索