レーシック比較.comで医院比較!>エピレーシック

エピレーシック

エピレーシックとは、手術の手順はレーシックと同じですが、エピケラトームと呼ばれる機器を用いて角膜上皮部分のみのフラップを作成する方法です。エピケラトームを使うことにより、
通常のレーシックより薄いフラップを作成できることから、術後の目に対する強い衝撃などでもフラップがずれることがないというメリットがあります。また、薄いフラップを作成するため、角膜が薄く通常の
レーシックができない人、格闘技など激しいスポーツをしている人に適しているといわれています。

エピレーシックの手順

エピレーシックの特徴

エピレーシックは表層照射系(サーフェス系)に分類されます。フラップの厚さは約50μmと、イントラレーシックのおよそ半分です。しかしその一方で、個人差はありますが視力の回復の実感に関しては、
通常のレーシックやイントラレーシックよりも時間がかかる傾向にあります。
エピレーシックのメリット、デメリット

イントラレーシックのメリット
・激しいスポーツをしている人にも手術が可能です。
・フラップがずれるという心配があまりありません。
エピレーシックのデメリット
・術後の疼痛を感じる場合がある。
・術後管理がレーシックより煩雑。
・ヘイズ(上皮下混濁)が生じる場合がある。
・不正フラップの発生率が高い。
・将来的な安全性が確認されていない部分もある
他の手術との違い

エピレーシックでは、レーシックやイントラレーシックに比べてフラップがずれる心配が少ないのは、エピケトラームという機器で、とても薄いフラップを作ることができるからです。エピケトラームで
作成されたフラップは手術後数週間で治癒し、フラップ自体が消失するのがその理由です。
レーシック医院を検索