レーシック比較.comで医院比較!>ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックとは手術の方法ではなく、手術前に角膜や水晶体を解析するための方法です。解析にはウェーブフロントアナライザーという機械を用い、その人に適したレーシックの手術を行うために、正確な目の状態を把握し、歪みや凹凸をなくし、その解析したデータをレーシック手術時に使用します。

ウェーブフロントレーシックの特徴

眼球面には細かな凹凸があり、その形状は人それぞれ異なっているものです。このデータを基に解析を行い、細かな不正乱視をも矯正する。それがウェーブフロントレーシックの特徴です、そのためカスタムレーシックとも
呼ばれています。手術自体はレーシックやイントラレーシックエピレーシックの手術を行うため特に工程などに特記すべきことはありませんが、自分の症状に応じてのプログラムが作成されるところが特別なところで、ウェーブフロントアナライザーを使った通常のレーシックをウェーブフロントレーシック、イントラレーシックを
ウェーブフロント・イントラレーシックなどと呼びます。
ウェーブフロントレーシックのメリット、デメリット

ウェーブフロントレーシックのメリット
・不正乱視の屈折矯正が可能。
・視力回復の実感が非常に良くなる。
・暗い場所でも、視力は良好。
ウェーブフロントレーシックのデメリット
・データをはじき出すまでに時間がかかる。
・データの精度に関して疑問視されている。
・オーダーメイドとなるため費用が高い。
・角膜の薄い人は不適応の場合がある。
レーシック医院を検索